2010年03月11日

偽札使用容疑で男2人逮捕=東北各地の事件で初−青森県警(時事通信)

 東北地方で偽一万円札が相次いで見つかった事件で、青森県警捜査2課などは8日、偽札を使用したとして、偽造通貨行使の疑いで埼玉県八潮市八條、無職村上太一(29)と、同県草加市松原、自称会社員清水慶一(29)両容疑者を逮捕したと発表した。
 一連の事件では、青森県で偽一万円札が十数枚使用されるなど、岩手、宮城、福島各県を合わせた4県で計50枚以上が見つかっている。逮捕者が明らかになったのは初めてで、同課は入手ルートなどを調べている。 

【関連ニュース】
偽一万円札46枚見つかる=コピー機使用か
偽一万円札使用、同一グループか=記番号一致、被害50枚超に
東北各地で偽一万円札見つかる=35枚以上、青森では男が逃走
一万円札偽造容疑で2人再逮捕=飲食店利用か
偽一万円札使用容疑で男逮捕=大量印刷、1枚目で発覚

小中学校の土曜授業、橋下知事が教委に要請(読売新聞)
京浜東北線にも女性専用車=JR東(時事通信)
インフル患者5週連続減、注意報地域は増加(医療介護CBニュース)
証人の石井一議員「国会行かずゴルフ」 アリバイで口利き否定 郵便不正公判(産経新聞)
東京メトロ社長ら献花=慰霊碑で冥福祈る−日比谷線事故10年(時事通信)
posted by カワゾエ ヨシヒロ at 21:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

がんを知るフォーラム 福岡では650人参加(毎日新聞)

 「がんを知る全国フォーラムin福岡」(毎日新聞社、アフラックなど主催)が6日、福岡市中央区のエルガーラホールで開かれ、ジャーナリストの鳥越俊太郎さんと東大病院放射線科の中川恵一准教授が講演した。満員の参加者約650人が熱心に聴き入った。

 自らもがん患者の鳥越さんは「がんからあきらめない」と題して、闘病体験をユーモアを交えて講演。「がんから逃げたら怖くなる。向き合った方がいい」と語った。

 中川准教授は「早期がんは9割が治る。予防と早期の発見・治療が大切。そのためにがん検診を定期的に受けて」と訴えた。

【関連ニュース】
山本病院事件:不要ながん治療や検査繰り返す 死亡患者に
病気腎移植:臨床研究2例目の手術開始 宇和島徳洲会病院
子宮頸がん:ワクチン接種公費助成 仁科亜季子さんが訴え
慢性疾患:生涯ローン…7割が「医療費重い」 東大調査
がんを知るフォーラム:横浜で700人が参加

2遺体、胸に銃創か=4人死亡の民家火災−群馬(時事通信)
食事与えず5歳児死なす=容疑で両親逮捕−奈良県警(時事通信)
鳩山首相「小沢氏と疎遠じゃないと示すこと大事」(産経新聞)
【ニッポンの食、がんばれ!】米穀店の「ソムリエ」が一役(産経新聞)
パチンコ店で340万円奪われる=男が従業員殴り逃走−北海道(時事通信)
posted by カワゾエ ヨシヒロ at 09:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。