2010年02月19日

協会けんぽの後期高齢者医療費「肩代わり」案 健保連が反対行動(産経新聞)

 大企業などのサラリーマン約3千万人が加入する健康保険組合の連合組織「健康保険組合連合会(健保連)」は12日、中小企業の従業員が加入する全国健康保険協会(協会けんぽ)が後期高齢者医療制度へ支払う支援金の一部2500億円を「肩代わり」する厚生労働省案に反対するため、東京・丸の内で街頭活動を行った。

 肩代わり案は保険料上昇の抑制が狙いで、厚労省は平成22年度実施を目指す。健保連は「国庫補助を削減し、健保組合や共済組合に肩代わりさせるのは国の責任放棄」と訴えている。

 健保連の対馬忠明専務理事は「高齢者医療の問題はじっくり議論して決めるべきだ。健保組合に加入する3千万人のサラリーマンに、現状を知ってほしい」と話した。

【関連記事】
開業医と病院の再診料、690円で一本化 中医協
難病の肺動脈性肺高血圧症 薬高額…健保組合の財政直撃
建設国保本部も立ち入りへ 無資格加入で都と厚労省
建設国保、組合員7割が60歳以上 退職者を勧誘か
18国保組合で入院無料 19年度、国庫補助受け

夫の連れ子を虐待死?傷害容疑で26歳母親逮捕(読売新聞)
警察への暴力相談、1月以降6回…宮城3人殺傷(読売新聞)
<千葉大生殺害>「もみ合いになり刺した」逮捕の男殺意否認(毎日新聞)
米、原発新設に融資保証、30年ぶり再開、日本企業にも商機(産経新聞)
民主離党の石川議員「一議員として職責果たす」(産経新聞)
posted by カワゾエ ヨシヒロ at 12:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。